孤独とオリジナリティ。誰かが提示する絶対儲かる話を真似しても絶対儲からない。

アフィリエイト成功法!ブログ成功法!の記事ばっかりが散乱しているワケ

なんだっけ。よく覚えてはいないけれど。

金山がある時は、金山を掘りに行くよりも、金山を掘りに行く人にそのための道具を売った方が儲かるのだとか。

そんな話である。

世の中の人気のあるサイトを見るとその系統サイトがとっても多い。

じゃあ誰がマトモにブログを書いてるんだよ!そんな気分になってしまう。

まぁ、今の時代ブログなんてものは完全に金儲けの道具であるから仕方がないのだけれど。

私だって機会があれば、それにあやかりたい事この上のないのである。こんなのはただの嫉妬であるから、気にする必要はない。

「ジーンズとツルハシ」系のビジネスは今でも十分に活用できる

昔の法則は今でも十分に使用可能であったりする。ジーンズとツルハシはその顕著な例である。

皆が同じサイトを見てブログを書く。皆が同じサロンに入ってブログを書く。

なんか同じようなサイトがたくさんできる訳である。だから大抵のサイトは人気が出ないし、続かないのである。

別にジーンズとツルハシを入手する事が悪いという訳ではない。

だってそれがなければ、金山に行けないのだから、それは必要。

でも、やっぱり人気を出す、売れるためには追加で何か必要なのは確かである。

人気の秘訣はオリジナリティである。皆と同じ事やって皆より成功する訳がない。

誰かに差をつけるためには、何かが違っているか、上回っている必要があるのは当然である。

それが理解できないバカは烏合の衆に成り下がっていき、凡人らしい凡人になる。そうなると、やはり成功するためにはある程度、孤立する必要があるんだろうなぁ。

ともかく、ジーンズとツルハシの他に何か必要なのか。

そしてそれをどうやって入手するか。

この二点に尽きる。

「誰かに答えを提示されて、それを実践した瞬間」にその人からオリジナリティは消滅する

何が必要なのか?
→そんなもの知らん。

どうやって入手するのか?
→そんなの何が必要かによるだろう。

私の思い付く限り、これが最上の回答だと考えている。つまりは誰かに指示をされた事をそのまま実践するのではなく、自分で考えた事を自分でどう実現するのか。

それを自分で試行錯誤して、導き出す答えにこそ意味がある。

孤独が必要な理由も、皆がやっている事をやる人間が成功しない理由もそれに尽きる。

自分で考えろ。

きっと何年も何十年も何百年も昔から言われてきた台詞だろう。

昔の法則は今でも十分に活用できだりするのである。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage