どうしてもイライラが収まらない時の原因と対策を考えて書いてみた

目次

誰かに何かを言われてイライラする。

どうやっても上手くいかない事があってムカつく。なんだかよくわからないけれどムシャクシャする。

そんな時は人間結構あるものだ。

こういう時に、人間気の持ちようが大事だから、冷静に深呼吸でもすれば治るよ!

みたいな事を言う人間がいるけれど、そんな簡単な事だけでストレスから解放されるんだったら、この世に争いなんて発生していない。

とにかく、頭でこうしようと考えていても実際にはそうすることができないのが、人間の面白い所なのである。

じゃあなんでイライラするのか?

という話である、イライラの発生元が理解できてそれを取り除く事ができれば解消するのは本来簡単なはずである。

というか、皆が言っている、

  • 深呼吸をして冷静になれ
  • 別の事を考えて気を紛らわそう
  • 一晩寝て起きれば忘れているよ

みたいなアドバイスって、結局臭い物に蓋をしているだけなんだよなぁ。

という話である。

体の中に溜まっている毒素を取り除く努力はしないで、毒素をなかったように扱うのであれば、最終的にストレスから解放される道理はない。

とっても当たり前の事なのである。

では、イライラの原因ってなんだろう?

と考えた時に思い付くのは

  • 発散欲求
  • 破壊欲求

である。

誰かにバカにされたらムカつくのは当然である。そんな時に自分の無意識に何か原因があるからとか、一々考えるのは珍しい特殊なケースだけで良い。

人間は殴られたらムカつくし、バカにされたらムカつくのである。そんな当然の事に小難しい原因を思考する必要はない。

だからイライラを解消したい時は、先に挙げた2つの欲求を満たしてやればいい。

とはいえ、上記に挙げた2つの欲求は現代社会においては忌み嫌われう物である。

そんな欲求を口に出したら、世間から爪弾きにされて余計にストレスが溜まる事だろう。非常に面倒臭い話てはあるが、現代においてはこの2つの欲求を遠回しな方法で解消しなくてはならない。

簡単な例を挙げるので、それを元に応用して頂けると有り難い、

発散欲求を満たす方法

【カラオケ】

日本において非常に人気の高い娯楽である。まぁ、ストレス社会たる由縁がここに集約されている気がする。

カラオケは体から声と感情をひねり出す活動である。

発散欲求を満たすいはうってつけの娯楽である。

カラオケそのものは誰だってやる事だろうが、実際この性質を知らない人は多い。

声と感情を吐き出すから、カラオケは発散欲求を満たすのである。

破壊欲求を満たす方法

【ボーリング】
これもまた人気な娯楽である。

ボーリングの気持ちが良い所は、自分が放ったボールによって、対象物が弾け飛ぶから気持ちが良いのである。

自分の行動によって、何かを破壊する。これによって快感を得るスポーツがボーリングである。

他のスポーツだって、大体こんな感じの快感が組み込まれている。

というかスポーツのそもそも発祥理由は、ストレスの発散である。

当然と言えば当然の原理である。

ボーリングは素人でも早い内から結果を出す事ができるスポーツである。高度な技術はそこまで必要ない。

難点は一人で行くことができない点だが、ボーリングは破壊欲求発散の一つの方策であるから、一人の人は新たな方法を編み出して欲しい所である。

でも、今の時代なら、カラオケもボーリングも一人で行っても問題ないかもしれない。

2つの欲求とその発散方法を紹介したが、やはりストレスに対処するには、ストレスを取り除く事が肝要である。

【番外編】サプリメントの力に頼る

今の時代はサプリメントの研究開発が盛んに行われていて、その効果もそこそこに出ている時代だ。

昔ほどに怪しい商品は出回らなくなった。そんな中で精神安定の効果を持つセントジョーンズワートを使用するっていうのも、一つの方法ではないだろうか。

セントジョーンズワートとは、

  • セントジョーンズワートは精神的な安らぎが得られる(抗鬱作用がある)
  • セントジョーンズワートはハーブの一種である
  • しかしセントジョーンズワートは日本では薬効は認められていない

とのことであり、私自身も使用した事があるが、それなりに気持ちの落ち着きが感じられた。

サプリメントの力を使ってイライラを抑える、というのも人間の知恵という武器を最大限に活用した戦い方であるから良い方法だと思う。

まずは自分がイライラしている事をはっきりと自覚すること。

その次にイライラを取り除くには多少アクティブな行動も必要になる事を知る。

後はひたすら実践である。

ストレスは溜め込んで無視しても解決できる問題ではない。臭い物に蓋をしたら、中身はどんどん腐っていくばかりである。

余計なストレスを呼んでしまう事だって考えられる。

綺麗な物も汚い物も人間の体には溜まっていくのだ。

それをしっかりと自覚し、正しい対処をするから肉体的にも精神的にも健康でいられるのである。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage