視力とテストステロンの関係性【日本人はメガネが多い】

目次

脱却しよう!日本人=メガネ

視力の話である。楽にモノが見えるということはどんなに有り難いことかを、毎日コンタクトレンズを装着する煩わしさから学ぶのである。

人間苦労してみないと、自分が幸せであるかを理解できないことは多いのである。

だから、優しさのかけらが全くないような輩はあんまり苦労したことがない。
これをやられたら相手がどんな気持ちになるのかがわからないから、そうなる。

そう考えるのであれば、適度の不幸は人生の幸福を増大させてくれるスパイスにもなるということなのだろう。

まぁいいんだ、そんな話は。

潜在的能力を表層的装飾で誤魔化すこと

とにかく視力が悪いと面倒な事がたくさんある。
たくさんあるから、できれば視力は治したいという話である。

とかく日本人にはメガネが多い。本当に多い。

今の時代はコンタクトレンズやはたまたレーシックなんて技術も登場しているから、実際にメガネを装着している人は急激に減少したけれど、潜在的な視力が弱い人間が減った訳ではない。

外面上は上手に誤魔化せるようになったというだけで、本質的な解決には至っていない。
これは視力に限らず、顔面に言えることでもある。

視力、顔面など、人間の外面に出る特徴は健康状態や体質を示す重要なバロメーターにもなっているのだから、当然外見がよろしい男女はさぞかしモテるのである。だから皆必死で改造手術に望むのである。

だが、考えなくてはならないのは健康上、体質面でも問題は表面を改造しただけでは解決されないということである。

まぁ、それも今回はどうでもいいのである。

本題:テストステロンと人種

あれだ、視力とテストステロンの話である。

日本人、並びにアジア系の民族というのは視力が低い人が多いようである。
現代はパソコンやら、建物の中で主に仕事をする人が増えたので、全体的に人類の視力は低下しているのだが、それでも黒人や白人の視力は比較的良い。

色々とネットの海を泳いでいると、テストステロンの高さの順位は、
第一位:黒人
第二位:白人
第三位:黄色人種
というようになっているのだそうな。

視力の順位に関しても順位は同様である。

テストステロンの効果には視力に関連するものがある 

テストステロンは様々な効果が挙げられるが、筋力の増強なんかがある。
また、テストステロンがひどく低下すると「視力の低下」などの症状が発生するらしい。

そんな情報を得て、思う。日本人はテストステロン値が低いから視力も低いのでは?

そう思考して周囲の人間を見渡してみる。ひょろくて、吹けば飛びそうな人は大概、視力は低い。ゴツくて、筋肉むきむきの目が大きい人は大概、視力が良い。

なんか非常に関係があるように思う。
確かに今まで見た人間を思い浮かべるとつじつまが会う気がする。

大した根拠ではないが、遠くもない推測だとも思う。

テストステロンの記事はネットに溢れている

そうとわかれば、とにかくテストステロン値を増大させれば視力は治るということである。
視力が治ると同時に筋肉もむきむきである。
モテモテである。

ならば、どうやったらテストステロンを増やすのか?という話になる。

この辺はググれば山のように記事が出てくるが、それと同時にテストステロンを増大させる怪しいサプリメントなんかも出てくるから注意が必要である。

テストステロンの良い効果だけを取り上げて、自分のサイト内の商品を売りつけようとしている記事は疑ってかかるべきである。

あぁ、こんなことを言うと私がこれから紹介する商品がなんか胡散臭くなってしまう。
でも、私は皆の幸福を本気願って紹介するのだから、何も怪しいことはないんだからね!

というと余計に胡散臭いが、別に変なものを紹介するつもりはない。

テストステロンを増やす方法の考察

で、テストステロンを増やす方法である。
私は何事も継続することによって効果が出ると考えている人間である。
だから毎日続けられる事を行うべきだと考える。

テストステロンを増やす方法としては、

  • 筋トレをする
  • 勝利する
  • 魅力的な異性に近づく(男性限定かも)
  • 結構値段の貼るサプリメントを飲む
  • 高いポジションにつく

なんかがある。
筋トレなんか結構大変だから、毎日続く保証はないのである。生きていれば、勝利と敗北の連続であるので毎日勝利できる保証はない。
魅力的な異性がいつも近くにいれば、という条件は中々ハードである。
できればお金が掛けたくない。私も権力が欲しい。

現実的に楽に継続できるテストステロン増強法

となってくると、この中で実現の可能性が高いのは筋トレである。
だから、筋トレが得意だと言う人は、もうめっちゃ筋トレをすればいいと思う。

でも他の楽な手段が良いという人ならば、こういう手段はどうだろうか?

オニオンスープである。
玉ねぎはテストステロンが分解されるのを抑える働きがあるのである。
つまりは玉ねぎを食べればテストステロンが増えるということになるだろう。

だからといって、毎日玉ねぎをスーパーで購入して切り刻んで調理して食べる手間なんてかけていられないのである。
だから粉末である。
お湯で溶かせば一瞬である。味も中々である。また、調味料として使用することもできる。応用が利く材料は重宝される。

また金額もお手頃である。
30本で1000円程度である。
毎日飲むと考えるなら、一日30円程度である。

 オニオンスープは楽、継続、安価の要素を満たしている。
また、玉ねぎには他にも健康効果がある。

視力とテストステロンに関係があるというのは私の勘だが、玉ねぎにテストステロン効果と健康効果があるのは本当である。

 これを機会に試してみてはどうだろうか。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage