会社に勤めて3年後、本当に真面目に働いて良かったと思えるのだろうか?

一つの会社で最低でも3年は働きなさいって奴

3年。長い時間だと思う。そんな長い時間を一つの会社で過ごすことを一般的な世間では求められている。

この表現はおかしい、一般的な社会というのは一体なんなんだって感じだし、なんで3年間なのか?という問いに対しては明確な回答ができる人は全然いないだろう。

というか別に三年である必要は本来ないと私は思っている。

だが、皆がそういうから皆そう言っているのだろうと思う。

というか企業側の都合だよね、これって。

少なくとも3年間は働いてくれないと全く利益にならない、むしろ損失になってしまうから、ちゃんと働けよ!社会人としてそれが当たり前なんだぞ!ということにしているだけである。

まぁ、務める側からすればこっちが何年仕事をしようとも、すぐに辞めようとも、そんなのこっちの都合だろ!お前がそんなことグズグズいうんじゃねえ!っていう気分になるのだろうけれど、会社側、つまりは雇用する側からすると何回も面接を重ねて膨大な採用費を掛けて苦慮の上で選定した人材がすぐさまに消え去ってしまうのは堪忍ならないことなのかもしれない。

そうだよね、企業サイドから見たら骨折り損のくたびれ儲けだよね。

こんな大変な目に遭って「採用するということはそういうことだからな!しょうがない、しょうがない。」なんていう超ポジティブ思考ができる人は極々少数派だろう。

そしてこの逆で、そういったこと、つまりは人件費によって会社のお金がどんどん流出してしまうことが絶対に嫌だ!という人は、いかに人を安くこき使うかを考えるのだろう。

要するにブラック企業へと変貌する。

人と人が出会って手を結ぶってとんでもない労力がいる

マッチングという観点で物事を見るならば、やはりどうしたって会社と個人の反りが合わないなんてことは発生してしまうのである。

どうしたって避けることはできないだろう。

IT技術を駆使したマッチングサイトなんてものは今の世の中たくさん出回っているけれど、それでも会社と個人の不適合現象が完全にゼロになることはないだろう。

企業紹介サイトだって、できればたくさんの求人があれば良いと思っているのだから、多少の偏向は入ってしまう。

そして、何より物事というのは実際にやってみなければ理解できないということである。

企業か個人が損をする

この企業と個人の不適合は絶対に解消されないものである。

ということを前提にして考えてみるならば、

「じゃあ、どっちが我慢すればいいの?どっちが損を喰らえばいいの?」

という疑問が湧き上がってしまう。

だって、不適合が発生した際に、三年以上継続してもらわないと会社は利益が出ない、でも社員の立場としては今すぐに辞めてしまいたい。

どちらの願望も主張としては正しい。

そのせめぎ合いに何の問題もないと考える人は、先に挙げた通りブラック企業である。

社員というのは出来る限り利益を絞り出すだけの対象、という認識があるならば、相手の事を考える必要はない、やるべき事をやるだけである。

でも、良心があるホワイト企業ならば、どうすればよいのだろう?

ホワイト企業は、その名の通り社員に対して優しい会社なので、個人の意向を聞き入れ利益が出ていなくても退職を受理してしまうだろう。

だから、ホワイト企業は採用費がかさみ、利益が出なくなってしまう。

利益が出ない組織がいずれ衰退してしまうだろう。

結果として、ブラック企業とホワイト企業を比べるならば、ブラック企業の方が優良でなくても強靭な会社へと成長してしまうのではないだろうか?

有名だったり、CMをバンバン打っている会社にそういうブラックな企業というのは多い。

当然の結末なのだが、この事態なやはり、なんとかしなくてはならないと思う。

とはいっても、解決策など私の頭の中からは一向に生まれる気配はない。

それでも何とか絞り出してみよう。

辞めたいと思ったらすぐ辞めるって事が良い社会を作る

個人の立場からすれば、不適合な企業であればさっさと辞めたいと考えるのだ。

ならば、個人でできる努力というのはホワイト企業でも、ブラック企業でも合わないと思ったらさっさと辞める!という行動を取るべきなのではないだろうか。

つまりは、ブラック企業の強制労働から即座に逃げるべきである、ということだ。

そうすれば、ホワイト企業もブラック企業も対等になる。

いや、むしろホワイト企業は居心地がいいだろうから、ホワイト企業の定着率は高まるだろう。

正当な組織が正当に評価されるためには、不当な組織に正しい対処を取るということではないだろうか?

個人が今確実にできることは不当な存在から自分の身を正しく守ることではないだろうか?

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage