新しい事に挑戦するのに最高のタイミングが春である理由

何かを始めるのに最適なタイミングは、みんなも始めたばっかりの時

出会いと別れ。始まりの季節、春である。

何かを始めるのだったら、この季節に始めるのが一番簡単である。
だって、皆やっているのだから。

皆がやっていることを真似することは非常に簡単である。こういう言い方をすると嫌味な感じにとられる方もいらっしゃるかもしれないが、そんなつもりは一切ない。

新しく何かを始めるということはそれだけで素晴らしいことなのだ。
その素晴らしいことが簡単に始められるというのならば、その機会を逃すわけには行かないと思うのだ。

いつでも、どこでも簡単に始めることができる非常に優秀な人ならば、何の問題もないのだろうが、皆が皆そうではない。

普通の人は、自分の気持ちの強さと、環境の風向きが絶妙なバランスを形成した時に何かを始めることができるのである。

今こそ、何かを始めようと思うことができたら、それは絶好の機会である。

それでダメだったら、さっさと諦めて次に行けばいいだけの話である。
どうってことない話なのだ。

きっと春に何かを始めて、梅雨の季節にそれを断念するという人は多いだろう。

それは、別に本人が飽きてしまったからとか、才能がなかったと考えるのかもしれないが、案外そんなこともないのである。

だって、春はいい天気じゃないですか!
そうしたら、やる気まんまんになるに決まってるじゃん。

だって、梅雨はだいたいが雨じゃないですか!
そうしたら、ジメジメして調子出ないし、やる気も出ないじゃないですか!

それだけのことである。物事は案外単純である。

長続きのコツはリラックス

何かを始めるということに肩の力を入れ過ぎないほうが良い。

緊張感の伴う作業というものを人間は長期間続けることができない。

だから、何気なく、なんとなくでやってみたらいいのだ。

そのリラックスした感じで物事をやっているといつの間にか上達していた、なんてことはいくらでもある。

毎日「これをやらなければいけない、義務なんだから、やらなきゃ」と思ってやるより、「あぁ、なんとなく、これをやりたいなぁ」と思って行動した方が楽しいし、効率が良いのである。

だから、なんとなくでもいいから、思い立ったらやるといいんじゃないかな。

で、ダメだった時。

これも別に深く気にすることはないのである。

大体、何一つ失敗しない人なんていない。
というか成功者だって、成功の数と失敗の数を比べてみたら失敗の数の方が多いんじゃないのかな?

というか、失敗を含めた挑戦をたくさんする人が成功者になれて、全くもって挑戦しないという人はただの凡人で終わるのではないだろうか?

だから、何かに失敗して終わりに到着するのだとしても、何も気に病むことはないのである。

終わりは案外あっけなかったりするのだから、そんな事にとらわれる必要はない。
さっさとなんとなくやりたいと思ったことを始めればいいのである。

その繰り返しの中で自分の中のお気に入りや得意分野が増えていくのである。

さぁ、春だ。
皆何かを始めているのだから、便乗してなんかやろうぜ!

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage