「需要に的確にマッチした商品を提供できる能力」こそが最重要!【何を提供するか?】

女性が求める物を男性が求めるとは限らない

つるつるになる。
それはきっと女性の憧れなのだろう。

つるつるになる。
それはきっと男性の恐怖なのだろう。

対象の部位は確かに違う。
だけど男性と女性でこうも求める物が違うのかと思うとやはり不思議な気持ちになる。

無論私はつるつるではない。
断じてつるつるではない。
未来永劫そんなことはない。

これは男性と女性を比較した時の話しであるから、割りとわかりやすい話である。

その人の求める物を的確にキャッチして提供できれば

しかし、これは実は同性同士でも全く求めるものが違ったりする。
そうなってくると人間同士ではどうしようもなく求めるものは違う。

それが中々わからないから世の中は面白いのであり、大変なのである。

これが簡単にわかる人は絶対にお金持ちになれる。

だって、その人が全くもっていらない物をある人は喉から手が出るほど欲しいという人をピンポイントでマッチングしてあげて、仲介料を取ることができれば、大儲けである。

そこに絶対にお金は発生する。

簡単な例であれば、結婚相談所である。

結婚したい男性はたくさんいるし、結婚したい女性もたくさんいる。

だからといって無作為に結婚したい人同士をくっつけてしまっても、それでは商売にならない。その人が男性であってあの人が女性であれば、上手くいくなんて単純な世の中ではないのだ。

その男性がどんな人物で何を持っていて、何が不足しているから、何を求めている。これを知ることができれば、それと対になる女性をピックアップすれば、万事解決である。

何を提供するか?こそが商売において最重要である

別に結婚の話に限らない、商売全般において活用できることである。かゆい所に手が届く人材であれば、絶対に商売は上手くいくのである。

過剰供給だから、賃金を下げられるし、こき使われるのである。当然の理屈である。

だから、あなたがもし、つるつるなのであれば、つるつるが好きな人がいる場所を探すべきなのだ。

男性のつるつるが好きな人だって、きっと世の中にはいる。
だって此の世は広いのだから、人が沢山いるのだから。
多分大丈夫。うん。

仕事もお金も恋愛も結局は相性ありきなのだ。

現状の環境では全く理解されなくても、場所を変えたら皆が自分と同じ考え方だというケースだってある。
現状の環境では全くモテなくとも、違う場所に住むようになってから、モテモテで毎日がエブリディになるパターンだってある。

ハゲが悪い訳ではない。
ハゲを生かせない人が悪いのである。

己の特性を恥じず、誇りに思い、最大限活用できる人間は強い。

もう、その心意気を持てる時点でその人は強いのである。

人は人の外見も重要視するが、その中にある精神面はもっと重要視される。
付き合いが長くなればなるほど内面に意識は向かう。

また、心意気ひとつで顔つきも変わってくるものである。

人間の精神と肉体の関係というのは不思議なものである。

心が変われば体が変わるし、体が変われば心も変わるのである。

自分の特性を最大限に活用できた時、その特性を心は長所だと認識する。
そうすれば、心は強くなり自然と体も強くなる。

案外、気の持ちよう次第で人生なんとでもなるのだ。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage