満月の日は人の心がハイテンション!

迷信でも私にとって満月は絶大

満月の日は人が狼に変わる。
昔からの伝説である。

なんでそんな言い伝えが今でもなお伝わっているのかは私は知らないし、調べるつもりもない。

だって調べる必要がないほどに満月の日の影響は大きいことを体感しているからである。

自分の体が実証していることをわざわざインターネットで調べる必要はない。
やはり真実だと思うかどうかはリアリティ度合いによるものなのだなぁと痛感させられる。

つまり何が起こったのか。満月の今日、私は精神的に高ぶっていた。闇夜に溶け込む、一匹の孤高の狼と化していた。(どやぁ)

いや、実際今朝からの出来事だったので、正直今日はなぜこんなに精神状態に異常があるのだろうと、不思議に思っていたのだ。

大概は食生活が悪いと精神的に異常をきたしているのだが、そんなこともなく健康的な食事をしていたので、尚更理解できなかった。

わからないまま一日を終え、夜家路につくときにふと見上げた夜空の中に現実のものとは思えないほどの綺麗な満月、そして私は悟った。これが原因だと。

いやいや、月の満ち欠けが人間の精神状態に異常をきたすなんて、漫画かアニメの見過ぎだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれないが、そんなこともないらしい。

とはいえ、先ほども言った通り、詳細を調べる気はない、私は今とてつもないタイミングとリアリティにより、自分の感じることが真実だと思い込んでいるのだから。

でも、まとめ貼っときます。
月の満ち欠けは人体に影響を与えるのか? – NAVER まとめ

些細な何かが私に与える絶大な影響

それにより私が何を感じたのか。

人生、及び人体、はたまた、此の世の森羅万象というのは、どこで何が繋がっているのかわからないなぁ、ということだ。

知り合い同士が見知らぬ土地で偶然遭遇した時に、
「世間は狭いねぇ」なんていう台詞を交わし合うが、
それと似たような心境で、世界は広くても密接なんだろうな、と思う。

月の満ち欠け一つで人体の精神に影響が出る。(かもしれない)

そんな些細な要素一つがあらゆる要素に影響を及ぼして、
さらには影響を受けたあらゆる要素がさらにあらゆる要素に影響を及ぼす。

連鎖は連鎖を呼び、世界は広くても隅々まで伝わり影響し合っている。
なんとも不思議な気分に駆られる。

こんな月の満ち欠けでは私には教訓など見出すことはできない。

しかしながら、何でもないようなことでも案外なんでもあるんだなぁという実感は自分の些細な毎日の努力も続けていけば、どこかで何かに影響しているのではないのかなぁと思ってしまうし、そう思うことで少しは気が楽になる。
何一つ根拠はないけど、まぁ良い方に考えよう。

そして、今後は精神が高じて、変なテンションになって、変なことをやらかしてしまっても、月のせいにしよう。

自己紹介で笑いを取ろうとして、滑ったのも月のせい、
酒の席でいつもの真面目なキャラを裏切って、下ネタを言って周囲をドン引きさせたのも月のせい。
あと仕事がダルいもの月のせいである。

私は悪くない、月が全部悪い。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage