言葉は「相手が誤解したままで理解できていない」のならば伝わった事にはならない。

機械が発達しても、まだまだ人同士のコミュニケーションは大切

現代はネットワークと機械による情報技術が発達している時代であるが、人と人とのコミュニケーションはそれでも重要な要素である。

ネットワークと機械を作るのは今はまだ人間なのだから、それだけの要素でも人同士のコミュニケーションは必要なのだ。

そうでなくとも、日常生活にはコミュニケーションが満ち溢れているし、全く他人と会話をしないで、一日を終える人は極々少数であるだろう。

だとすると、コミュニケーションの際に使用する言葉というのは当然ながら、非常に重要である。

人は息を吐くように誤解する

言葉が伝わらなくては「誤解」という現象が発生する。

些末な日常の会話であるが、仕事の上での話や心の底から伝えたい気持ちがあるならば、誤解は絶対に避けるべき現象である。

ならば、その言葉をどのようにすれば、伝わりやすくなるのかを考えることは非常に有用である。

では、具体的にどのような箇所に気を付ければよいのか。

「自分が話した内容を、相手が簡潔に説明することができるか」
ということが明確な方法であると考える。

つまりは、自分が伝えたい内容がある時は、まとめて全部、立て続けに話すのではなく、その内容を相手が理解しやすい程度に小分けにして伝える。

そして、一単位の説明をする度に相手から説明した内容を説明してもらう。

こうすれば、相手が確実に誤解なく理解することができる確率は飛躍的に向上するだろう。大抵の誤解が発生する場合というのは、自分の伝えたいように、自分だけが話をする。という状態であり。誤解が少ない場合というのは、相手に伝わりやすいように伝え、相手と一緒に話をする。という状態である。

つまりは自分勝手な奴は誤解を発生させやすい、ということである。

そして、そういう人は誤解が発生してしまう原因は相手の理解力不足であると考える。

相手にとって理解のしやすい言葉は違う。誤解させない気遣いを

人によって理解のしやすい単語や表現の仕方、理解の仕方というのが存在する。

よく使っている単語で説明されればわかりやすいし、公的な文章のように説明するよりかは、口語的に説明された方がわかりやすいかもしれない、又、例え話を出して理解するタイプや、抽象的な言葉に置き換えて理解するタイプもいる。

人の数だけ理解の方法があるといっても良いだろう。
だから、一辺倒で一人よがりな考えでは伝わらないのだ。

生活している中で頑張って説明しているのに、誤解を多く生んだり、相手から何度も内容の確認をされるという人がいたら、自分の伝え方を考え直すと良いかもしれない。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage