生きがいがない人はとにかく褒められる仕事をしよう

惰性と退屈の中に光明を

仕事をしていて、安定した収入はあるけれど何だか人生物足りない。こういった風にただ漫然と日々を過ごしている人はかなり多いはずである。このケースの問題点は特に大きな不満がある訳ではないのだ。

だからこそ、中々行動に踏み切れない。その結果、いつまでたっても何も変わらずつまらない生活を享受してしまう。

だからといって心の底からやりたいことなど見つからない。こう感じる人もまた多いはずだ。

ならばどうすれば良いのか、他人から感謝される、褒められる仕事をしよう。

これが今回の趣旨である。

他人から感謝される、褒められる仕事をするべき理由

人間というのは個々の力は弱くとも、集団の力によって繁栄を遂げてきた動物である。他の人間からの評価というのは、自分の生命にとって非常に重要な要素である。

人間が幸せを感じる時というのは他者の評価によってもたらされることが多いのだ。

特に大したことをしていなくても、他人から満面の笑みで感謝の意を伝えられたら多少でも良い気分になるはずである。

よって解決策は以下のようになる。

  • 客商売である。
  • 感謝されることが多い。

(そのためには穏やか、温和な気質を持つ人間が多くいる職場が良いだろう)

この2点を満たすことができれば、現状何の魅力も感じない仕事よりかは確実にやりがいが増加するだろう。

ボランティアは他人を助けるのと同時に、自分をも助ける

しかしながら、そんな仕事はまず見つからない、という人もいるだろう。そういった場合はボランティアでも構わない、いや、むしろボランティアの方が上記の2点を満たす確率は高いだろう。
(その代わりに賃金はでないが)

人間の古来からの習性から考えれば、他者からの評価というのは大きな要素である。

これによって人生に彩りを加えることは可能であり、きっかけも十分に存在している。

退屈と怠惰にまみれているよりかは、何かを始めたほうが多少はマシになるだろう。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage