「不要な物は率先して捨てる」という思考回路が将来的に「必要な物だけが身の回りに揃い、不要な物を判断する能力が身に付く」という結果を生む理由

不要な物を捨てないデメリットについて

断捨離という言葉が一時期前に流行った。私自身は流行に乗ることを否定しないけれども、率先して流行に乗ることもしない。どっちつかずな人間である。

しかしながら「不要な物は率先して捨てる」という行為は頻繁に行うようにしている。不要な物はただ不要なだけではなく、邪魔だからである。大切な物を見えなくするし、純粋な重量として害を成すからである。

「いつか使うかもしれないから」という理屈は認めないでもないが、全てに適用できる理屈ではないと考える。非常食の類は長い間保持するべきだが、私が今話しているのは不要な物の話である。よって何かのイベントで貰った妙にかさばる役に立たない物体は捨てるべきだ。

いらない物をすぐに捨てるのは無駄使いなのか?

そんな「不要な物は捨てたい系」な人間である私は、頻繁に物を捨てる。「物を捨て続ければ、いつかは捨てる物がなくなるのでは?」という疑問はごもっともである。その疑問には私の悪癖が回答になる。頻繁に物を捨てる私は、頻繁に物を購入してしまうのである。間抜けもいい所である。

「それでは金銭の無駄使いではないか?」という質問には「その通りだ」と言うしかない。だが、「それではいつまでも買って捨てるという行動を繰り返す、不要な生活サイクルから抜け出せないのでは?」という質問には「最近、そんなこともなくなってきた」と回答することができるようになった。

購入したい物が見つかる。購入する。使ってみる。「いるorいらないの判断」ができる。いらない場合は即座に捨てる。

こういうプロセスを繰り返すことで、「自分の生活にとって必要な物だけが身の回りに揃っていく」という状況が完成した。捨てた経験の多さから、「どういう物が不要になる物なのか?」ということが以前より分かるようになった。

さらには「捨てる時の事を考えて何かを手に入れることができる」ようになった。これは購入から廃棄までの物のライフサイクルを考えられるようになった訳であるから、不要品を購入した時の敗戦処理が上手になったということでもある。

トランプならば、いらない手札はすぐ捨てる

そんなアレコレを考えると、「不要な物は率先して捨てる」という行動はそこまで悪い考えではなかったのかと思う。おかげで最近は物を購入することも著しく減った。必要な物が揃っている実感があるし、自分にとって不要な物が何か分かるようになってきたからだ。

「捨てる」という発送は「もったいない精神」を有する日本人には難しい思考かもしれないけれども、これだけ物が溢れている現代においては、その思考が自分の足を引っ張る可能性もある。

結局、自分を幸せにする物や人を揃えれば幸せになれるという話である。トランプゲームでだって、強い手札を揃えるために不要な手札は捨てて何度も手札を山から引き直そうとするだろう。それと同じである。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage