エアコンの交換という観点だけを考えれば、絶対に賃貸よりも不動産購入の方が得である

賃貸の人はエアコンを交換したい時に面倒な思いをするんじゃないだろうか。

エアコンは勝手に買い替えていいのか?
エアコンの費用は誰が出すのか?
どこに相談すればいいのか?
交渉とかになるんじゃないのか?

なんて疑問が湧く。そして面倒だと思う。

寒いのも、暑いのも勘弁である。人は衣服で体温を調整するけれども、それだけではどうしようもない事だってある。
扇風機や風鈴や、毛布や暖炉。

人は温度調整をする為に様々な道具を開発してきたが、今現在で一番使い勝手が良いのはエアコンであると思う。きっと皆も思うはずだ。

そんな一番使い勝手の良い道具を手に入れる為に、一番面倒な行為をしなければいけない、というのは中々厳しい話である。

夏は一年の内の四分の一だ。長いけれども、ピークは一ヶ月ちょっとくらいだ。我慢できないことはない。しかし、その我慢が毎年になると、やはりそれは人生の浪費である。

だから、なんとか対策を取りたくなるのだが、対策を取りたくなる気持ちになるのは、夏の暑さが襲ってきてからである。そこから考えて相談して交渉して金額計算をして、なんていうアレコレのイベントを進めると、その年の夏は終了してしまう。

それこそ徒労の極みである。

そんな事が予測できてしまうが故にエアコンを買い換えるのに躊躇してしまうのである。

賃貸じゃなく、自分でエアコンの買い替えが自由に効く人は、そういう意味では幸運だ。

金を奮発して、夏のちょっと前に業者さんにお願いしておけば、それだけで完了である。

自分の好きな高性能エアコンを選択して、最高の涼風を得ることができる。

賃貸と購入。どっちが得か?なんて議論があるけれど、圧倒的な金銭を所有している事こそが最良であるのは言うまでもない。

金銭の損得等、まるで気に掛けなくて済むような状態にまで持っていければ、購入の方が絶対に快適なのである。

その辺の損得を考えるよりも、さっさと金儲けに専心した方がトータル幸せになれるのかもしれない。

圧倒的なパワーに対して、小細工は無力だと言う話だ。

だから何だ。暑いんだよ、こっちは。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage