危険な緊急事態に先陣を切って成功する為には、平和な日常に地道な訓練をするしかないのである

先陣を切って行動する人間は常に不確定要素と向き合うことになる。

そんな状況でできる限り上等な結果を獲得する為には、過去の経験を抽象化して、今直面している状況に当てはめて対応する必要がある。

不確定について無策では被害直撃だが、不確定だからと言って間違った予測に基づく確信で行動しても、さらなる被害を被る可能性だってある。

だから、この場合においてのベストは、一か八か被害をゼロにする行動ではなく、確実に被害を減少させる行動を取り続けることである。

どんな状況でも確実にプラスになる行動、どんな状況でも確実にマイナスを減少させる行動。そんなものはない。

だが、ある程度、限定された状況の下においてならば、あり得る話である。

だからこそ、曖昧な状況に向き合う人間は、数多くのパターンを知識だけではなく体感として覚えておく必要がある。それを言語的にだけではなく、実際の行動として対処できるようになって、ようやく先陣を切っても無事でいられるのである。

危ない橋のどこを叩いて渡るのか?それを緊迫した状況で、限られた時間で、リスクを負った状態で、冷静にできるかどうかは常日頃からの経験の蓄積によってしか成就されないだろう。

危険な緊急事態に先陣を切って成功する為には、平和な日常に地道な訓練をするしかないのである。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage