人混みが好きな人間もいるらしい。寂しさを感じる人間がそうなのだろうか。

人混みが好きな人間もいるのだろうか?

私は嫌いである。

だが、人混みのある場所が実は好きな人もいるんじゃないだろうか?と思った次第である。

何故か?人混みができるからである。

本当に人混みが嫌いならば、皆それぞれが頑張って努力して、人混みを避ける努力や発明をするんじゃないだろうかと思う。

でもそれは誰もしない。

まぁ、私だってしていないのだから、大きなことは言えないのだが。

だが、それでも人混みにいる人々が、皆、陰鬱で怒りに満ちた表情をしている訳ではない。というか、そこそこ楽しい表情をしている人間は結構いる。

中には、楽しくなくても、楽しそうな表情をしている人もいるのだろうが、それでも心から楽しんでいる人だっているだろう。

そういう人の中には、人混みの賑わしい感じが楽しくて好きだったりする人もいるんじゃなかろうか?

まぁ、分からないけれど。

世の中には、誰かと一緒にいないと寂しくなって辛い人がいるらしい。

私にはその感覚が分からないけれど、そういう人にとっては、人がたくさんいる状況というのは寂しさを解消してくれるのだろう。

だから、人混みが好きな人はいるのだろう。

私の感覚的に理解できない人だって、確かに存在するのである。

私には信じられない仕事をしている人も、生活をしている人もいる。

ならば、私には信じられない好みをしている人間だって当然いるだろう。

だから、休日は人混みができるのである。

アドセンス
改行

スマリッジ
改行

toppage