イロトカタと申します。

見ての通りブログを書いています。

なんか大層なタイトルですよね。

「理想とリアルの折衷案」

うん、我ながら立派なブログ名で誇らしい気分です。

世の中には色々な人がいます。

夢を追うことは素晴らしいです。

確かにその通りですが、自分の身の丈から離れすぎた事を実行するとロクな事がありません。

つまりは大概、失敗に終わります。

無論、失敗は成功の母ですから、ある程度の失敗はむしろ三顧の礼で歓迎したい所なのですが、やはり物事には限度があります。

どうしようもないレベルでの取り返しのつかない事態というのは実際に存在します。

また、人間死んでしまう程の失敗をしてしまったらオシマイです。

その場合に限っては、失敗は成功の母にはなりません。

失敗は失敗のままに終了してしまいます。

これが、理想のみを追い続ける人間であります。

では、現実のみを見る人間はどうなのでしょうか?

自分の将来を見据えて安全、堅実な働き口を探す。

絶対に自分が金銭で困らないように、最低限の貧しい生活を送る。

夢を持つこともなく、挑戦をすることもなく、ただ生存確率が高いと思われる方向へと駒を進める。

その場合なら、確かに長く生き延びる事は可能かもしれません。

ただ、それでは何のために生きているのか、甚だ疑問になってしまいます。

生きていてつまらない人生なんて、そんなに悲しい人生はありません。

理想だけを見る人間、現実だけを見る人間。

この両者は残念ながら、どちらも悲しい結末を迎えてしまうように思えてなりません。

ならばどうすれば良いのか?

人生というのは、どう調理すればもっと美味しく食する事ができるのか?

そんな時の秘策が「折衷案」であります。

理想とリアルを丁度いい具合に混ぜ込むと、これはとても美味しい料理へと変わるのです。

綺麗な理想を抱く、そしてそれを現実的にどう実現していくのか?

それを思考し、計画し、挑戦し、反省し、改善し、また挑戦する。

そんなプロセスを、現実的に実施可能なレベルにまで落とし込む事ができれば楽しいものに変化するのです。

絶対に叶わない夢は砂を噛むように苦く苦しいものです。

夢のない生活もまた同様です。

ただ、自分が実行できるレベルの夢ならば、それは美味しいものへと変化します。

理想とリアルの折衷案

それが理想を手に入れるための最良のリアルな手段です。

なんて大層立派そうな話を偉そうに語ってしまいました、これは単なる雑記ブログです。

上の文章は理想を語った綺麗な夢でありますが、実際のブログ自体はリアルにまみれています。

そのバランスを上手にとって、私自身、楽しく過ごして前に進んでいけたらと思います。

少しでも気が向いたら、どうぞ読んでやって下さい。