なんでも屋のメリット 

 

商売を長い間継続するには、資金、労働力などが必要だが、それに次いで重要なのは顧客からの需要である。

 

そしてその需要は絶えず流動的に変化していくし、その実体が把握しづらいところもある。

 

だからこそ、よろず屋さん(なんでも屋)、もしくは悩み相談などという、モデルは、ビジネスだけではなく、あらゆるコンテンツで利用されている。

 

なぜなら、それの方法を活用するだけで、顧客からの需要という不明確になりやすい面が簡単に解決できることになる。

 

仕事が向こうから舞い込んでくる形式になる。そしてその仕事内容も大方、顧客が決定してくれている。

 

こんなにおいしい話はないではないか。

 


なんでも屋のデメリット:差別化の困難性

 

顧客の需要をそのまま聞いて、そのまま解消してあげる事ができるのであればこんなに喜ばれる商売はないだろう。

 

しかしながら、「なんでもやる」という事が必ずしもメリットばかりを生む訳ではない。

 

なんでも屋形式だと、誰でもできるのだから、競合しやすい。

 

競合しやすいということは、差別化が困難になるという事だ。自身の能力で差別化ができないのであれば、「料金」か「労働時間」で差別を付けるしかなくなる。

 

 

そうなってくるとブラック企業色が濃くなってくる。

 

これはなんでも屋のデメリットであろう。つまりは「なんでもやる事によって、特化できずに差別化できなくなる」という事である。

 

なんでも屋のデメリット: 受動体になる危険性

 

また他のデメリットとして「自分から積極的に商売を行う」ということができなくなる、ということである。

 

商売にとって、自分から率先して「何が求められるのか」を考え、調査、実践し、昇華させるという行動は非常に大事なことだと私は認識している。

 

しかし、なんでも屋という職業上、他人から求められることをただ淡々とこなすという方向性でも職業としては成り立ってしまうのである。それははあまり褒められたことではないのだ。

 

なぜなら、「付加価値をつける」ことや「隠れた需要を見つける」ことができなくなってしまうからである。

 

なんでも屋という商売をやることによって、その人の商売人としての能力が磨かれなくなってしまうのではないかということだ。

 

つまり、なんでも屋という商売は、本業でやるのではなく、あくまでも「あまけ」、または副業的な志向で行うべきだと私は考える。

 

結論としては、

「楽なものは大切だけど、楽なものに頼り過ぎると人間ダメになるよね」

ということである。