ネタの在り方について

ブログの書き方だとか、アクセスの上げ方なんかのサイトを覗いてみると、「パソコンの前に座って、さて何を書こうか?なんていう感じじゃ、遅い!遅過ぎる!プロは座った時点で既に記事の終着点まで見ているぞ!」みたいな事を書いていた。

確かにそれは一つの在り方ではあると思う。

最初から途中から最後まで、何をどうしてどうやって書き進めていって、最終的にどのような地点に着地しようか、という事が書き始めの時点で頭の中で完成しているのならば、後はもう手を機械的に動かし続けるだけで完了である。

それによって、文章としてもまとまりも綺麗になるだろうし、何より文章を書いている途中で手が止まる事がない。

仕事ができる人、なんていうのはやっぱり似たような特徴がよく取り沙汰される訳であって、その場に直面した時にやっと思考し始めるというのは「できる」人間のやる事ではないらしい。


ブログの場合でも、その理屈は同様に当てはまるのか?

その答えはブログの目的が何であるかによって、当然変わってくる。

ブログをビジネスとして捉えるのであれば、やはり座った時点で何を書くべきなのかは明確に定まっていた方がいいのだろう。

それは私も確かであると思う。

しかしである。

ブログというのは閃きであり、思考の整理であり、リラックスであり、寄り道であり、新たな発明である。

そんな印象をブログに対しているのであれば、何も考えずにパソコンの前に座って、ただただひたすらに思いついた事を書き綴るという動作も、また一興ではないだろうか?

それこそ、ブログを生活のメインにしていない人。

勉学の合間にブログを書く。

仕事の終わりにブログを書く。

気が向いた時にブログを書く。

そんな日常生活の副菜としてブログを摂取している人にとっては、肩を張って心を凝り固まらせて執筆した所で何にも面白くないだろう。

音楽で言う所のアドリブみたいな文章の書き方だっていいのではないだろうか?

聴衆からすれば、期待している通りの道筋ではないけれど、だからこそ新しい何か、新鮮な何かを提供する事ができる。

「いつも通りで、決まり決まって、これが来たらこうなる」って事ばかりでは、退屈してしまう事だろう。

それならば、規則性はわからないし、どこに行きたいのかもわからない。

だけど、気ままで自然で新鮮さと発見に満ち溢れる。

適当に書き綴る記事にだって魅力はあるはずである。

人生は色々である。

百人いたら百人分の道があるのである。

そんな道をわざわざ既存の価値観でガチガチに凝り固めてしまってつまらなくする必要なんて一切ない。

ブログは自由である。

人生も自由である。