show timeから一年ぶり

私が「チリヌルヲワカ」を聞き始めたのは「show time」からになる。

もっと早く聞いておけばよかった。なんて事をその時は強く思った。

私はGOGO7188を思いっきり聴き込んでいたので、チリヌルヲワカの「イロハ」が出た時には即買いしたのだが、その後には結構なブランクがあったので、まるで活動に気が付かなかった。

で、チリヌルヲワカを聞き始めてみた時には「三人体制に変わりました!」って報告が、、、

多少残念な気持ちではあったが、「アヲアヲ」のPVを聴いて非常に良かったので、「show time」と「アヲアヲ」を購入。

聴けば聴くほどに良かったので、そんなこんなでチリヌルヲワカのアルバムは全部購入するに至る。素晴らしいバンド!!!

「君の未来に用がある」

カッコイイ台詞である。現実で言ってみたい台詞ランキングがあったら上位に食い込む事は間違いがないだろう。

ツイッターで発売の予告があったので、amazonで即購入。

もう5回くらいリピートして聴いてる。今回のアルバムも非常に良いです。

「ドルチェ」の感想

アルバム・タイトルにもなっている「君の未来に用がある」ってな歌詞が叫ばれている曲。

PVにもなってます。

www.youtube.com

「クリーチャー」の感想

「あーあぁあ」が印象的。口ずさみたくなる。

「怒りの筆先」の感想

このアルバムで一番盛り上がること必須の曲!!

一番リピートしてます。

ただ未だに三画で「心」が出来上がるのかがわからない。四画必要じゃない?

「挨拶一つ交わしただけで道連れに」どんな国なんだ、ここは。

リズムが心地よい曲です。

「春は彼方」の感想

バラード。綺麗なメロディー。

絶対値とかもそうだけど、どうしてこんな良いメロディーが浮かぶのか。

「ハルカカナタ」の部分のメロディーの闇っぽさが、綺麗なメロディーと噛み合って余計に印象に残る。

「シダレザクラ」の感想

枝垂れ桜って奴を初めて知った。綺麗ですね。

サビの裏声が気持ち良い。

「浮キつ沈ミつ」の感想

時の流れと、人の移り変わりには考えさせられます。

わたしが変わったのか、あなたが変わったのか。すぐには気が付かない。

「空想都市」の感想

三拍子への切り替わりが気持ち良い。

これも盛り上がること間違いなしな感じの曲。

君の未来に用があるの全体的な感想

冗長じゃなくて聴きやすい。そしてスルメ的に良さが増していく。

歌詞は熟読してみたけれど、私みたいな奴には中々意味が難しい。

作曲センスがたまらなく好きなので、しばらくはリピート案件確定だろう。

三人体制になってから二枚目のアルバムだが、前作とはまるで違った印象なので非常に楽しめました。