【贅沢バニラミルクレモン(関東・栃木レモン)】のデータ諸々

f:id:ideal_real:20180502221007p:plain

●種類別名称:乳飲料
●商品名:贅沢バニラミルク関東・栃木レモン
●無脂乳固形分:5.6%
●乳脂肪分:2.2%
●内容量:190g
●製造者:日本アスパラガス株式会社 岩内工場
●発売元:北海道日高乳業株式会社
●販売者:南日本酪農協同株式会社

北海道日高乳業
関東・栃木レモンは栃木乳業株式会社の登録商標です

北海道産牛乳をたっぷり使用し、
贅沢な味わいに仕上げました。

通称「レモン牛乳」
正式名「関東・栃木レモン」
本品は販売元である
栃木乳業監修の元、懐かしい栃木の味を再現した商品です

【贅沢バニラミルクレモン(関東・栃木レモン)】の原材料名

牛乳
砂糖
乳製品/香料
乳化剤(大豆由来)
pH調整剤
着色料(黄4)

【贅沢バニラミルクレモン(関東・栃木レモン)】の栄養成分表示(100g当たり)

エネルギー 69kcal
たんぱく質 2.2g
脂質 2.5g
炭水化物 9.3g
食塩相当量 0.1g
カルシウム 72mg

【贅沢バニラミルクレモン(関東・栃木レモン)】の感想

贅沢とあるからには、ドロドロしてメチャクチャ甘いのだろうなぁ、と予想して飲んでみたけれども、全然スッキリしてて飲みやすかった。私的には好印象である。とは言えども、パッケージにあるようなソフトクリームらしさみたいなのはあんまり感じられなかった。でも美味い。

やはりレモン牛乳は美味い。レモンのお陰様で甘いに爽やかさがプラスされてホントにゴクゴクいけてしまう。レモン牛乳ってそんなに飲んだ事ないけれども、なるほど全国レベルで知れ渡るだけの事はある。

飲みやすかったので、あっという間に飲みきってしまった。
これはペットボトルサイズで欲しい奴である。というかレモン牛乳ってとんでもなく美味しいのに、全国展開されていないのは何故なんだろうか?売ってたら私は定期的に購入してしまう自身があるのだが。

最近の駅の自動販売機は新しい試みがたくさん導入されていて、ホームで待っていても結構楽しめるのである。

という訳で、レモン牛乳は大変美味しゅう御座いました。

【ひとみの恵_ルテイン40】のデータ諸々

製造者:株式会社ファイン(FINE JAPAN)

【お召し上がり方】
栄養機能食品として本品を1日に1~2粒を目安に、水またはぬるま湯でお召し上がりください。

名称:マリーゴールド色素含有加工食品
内容量:27g(450mg✕60粒)
※1粒あたり内容液300mg、被包材150mg

ISO9001認証の自社工場で製造したものです。

【ご注意】
クリアオイルはオキアミを原料としておりますので、
甲殻類に対してアレルギーのある方はご注意下さい。
体質に合わないと思われる時はお召し上がりの量を減らすか、
または止めてください。
開封後はなるべくお早めにお召し上がりください。
製造ロットにより、色やにおいに多少の変化がありますが、
品質上、問題はありませんので安心してお召し上がりください。

●本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、
より健康が増進するものではありません。
1日の摂取目安量を守ってください。

●妊娠3ヶ月以内又は妊娠を希望する女性は過剰摂取に
ならないように注意してください。

●本品は、特定保健用食品と異なり、
消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

【ひとみの恵_ルテイン40】の原材料名

べに花油
ゼラチン
オキアミ抽出物
ビルベリーエキス末/マリーゴールド色素(ルテイン含有)
V.C
グリセリン
ミツロウ
グリセリン脂肪酸エステル
ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン含有)
カラメル色素
ナイアシン
V.E
パントテン酸カルシウム
β-カロテン
V.B2
V.B1
V.B6
V.B12
(一部に大豆・ゼラチンを含む)

【ひとみの恵_ルテイン40】の栄養成分表示

栄養成分表示(被包材込み)1日1~2粒あたり

エネルギー 2.9~5.7kcal
たんぱく質 0.12~0.24g
脂質 0.23~0.46g
炭水化物 0.08~0.16g
食塩相当量 0.0002~0.0004g
ビタミンA 225~450μg
ビタミンC 40~80mg
ビタミンE 4.0~8.0mg
ビタミンB1 0.5~1.0mg
ビタミンB2 0.55~1.1mg
ビタミンB6 0.5~1.0mg
ビタミンB12 1.0~2.0μg
ナイアシン 5.5~11mg
パントテン酸 2.75~5.5mg
ルテイン 20~40mg
クリアオイル 5~10mg
アスタキサンチン 0.5~1.0mg
ゼアキサンチン 0.75~1.5mg
ビルベリーエキス末 5~10mg

【ひとみの恵_ルテイン40】の感想/レビュー

飲み続けて、もう1か月以上は経過しているだろう。もう既に一つの瓶を空にして、2つ目の瓶の中身を服用しているからだ。
結果からすると、視力の改善が見られたとは思えない。しかしながら、目が疲れにくくなったような気がする。
これが正直が感想である。

とは言っても、この錠剤を飲んでから数十分後に目の辺りが、なんだかジュワジュワするような筋肉がほぐれるような感覚は毎日のようにやってくる。これはきっとこの商品を飲んだから起こっている現象であり、それはきっと良い影響を及ぼしているのだと私自身は思いたい限りである。

という訳で明確で劇的な恩恵を受けている訳ではないけれども、それでも「目に良い感じ」がするという理由で私は今も使い続けている。

まぁ、何年も掛けて疲れさせた目を、ほんの1か月で修復させようというのがおかしい話なので、この辺は長い目で目の調子の改善を試みたいと思う。

【カルビー じゃがりこ チーズ】の原材料等のデータ

じゃがりこチーズ_Calbee(チェダー&カマンベール)
名称:スナック菓子

Since 1995

内容量:58g

本品に含まれているアレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるものを表示):
乳成分・大豆

かたさが特徴の商品です。
口の中を傷めたり、のどにつまらせないよう、
よくかんでお召し上がりください。
特に小さなお子様はご注意ください。

カルビー株式会社

【カルビー じゃがりこ チーズ】の原材料名

じゃがいも(遺伝子組換えでない)
植物油
チェダーチーズ
チーズソース
ホエイパウダー
食塩
粉末植物油脂
ホワイトペッパー
カマンベールチーズパウダー/乳化剤(大豆を含む)
調味料(アミノ酸等)
カロチノイド色素
香料
水酸化Ca、
酸化防止剤(V.C)

【カルビー じゃがりこ チーズ】の栄養成分表示

栄養成分表示(1カップ58g当たり)

エネルギー 291kcal
たんぱく質 4.2g
脂質 14.5g
炭水化物 35.8g
食塩相当量 0.9g

【カルビー じゃがりこ チーズ】の感想/レビュー

チーズは大体の場合、何に入れても美味しいのである。
よってじゃがりこにチーズを入れても美味しいのである。

これも定番商品であるので、大して言う事はないのである。何故なら言うまでもなく美味しいからである。
チーズ好きな私からするとたまらないのである。

スティック系のお菓子の魔力はとんでもない物があると日々染み染みと感じる次第である。

ご馳走様でした。

【カルビー じゃがりこ じゃがバター】のデータ諸々

カルビー株式会社
名称:スナック菓子
内容量:58g

【カルビー じゃがりこ じゃがバター】の原材料名

じゃがいも(遺伝子組換えでない)
植物油
ホエイパウダー
粉末植物油脂
還元水あめ
食塩
バター(北海道産100%使用)
クリーム
粉末バター
乳糖
砂糖
デキストリン
パセリ/乳化剤(大豆を含む)
香料
調味料(アミノ酸等)
酸化防止剤(V.C)

【カルビー じゃがりこ じゃがバター】の栄養成分表示

エネルギー 291kcal
たんぱく質 3.1g
脂質 14.5g
炭水化物 37.1
食塩相当量 0.7g

【カルビー じゃがりこ じゃがバター】の感想/レビュー

今更言うまでもないレベルでの超定番アイテムのじゃがりこである。
こんなの美味しくない訳ないじゃん。じゃがりこだよ?さらには「じゃがバター」である垂涎の至りである。

この商品の良い所は食感の楽しさと裏面にあるよくわからないギャグである。長年食べているけれども、ホントに意味のわからんギャグである。
という訳で今日のサクサクと食べる次第である。これ系は食べるのを辞めるタイミングを見失うのが難しいから怖い。主にカロリーが。
その辺の制約がなければ、いつまでも食べ続けていた気分を増長させる美味しさなのだが。

というか、なんか本物のじゃがバターが食べたくなってきた。

この商品を茹でてふかしたら、本物のじゃがバターにならないだろうか?
まぁ、さすがにならないか。

【4種の乳酸菌からBikkle(ビックル)SODA!ソーダ】のデータ諸々

ビックルのはっ酵乳は、4種の乳酸菌から作られています。
ミルクオリゴ糖由来のやさしい味わい。
脂肪分ゼロ。

●品名:炭酸飲料
●内容量:250ml
●販売者:サントリーフーズ(株)

【4種の乳酸菌からBikkle(ビックル)SODA!ソーダ】の原材料名

糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)
はっ酵乳
脱脂粉乳
ミルクオリゴ糖/炭酸
酸味料
香料
安定料(大豆多糖類)
カラメル色素

【4種の乳酸菌からBikkle(ビックル)SODA!ソーダ】の栄養成分表示(100mlあたり)

エネルギー 50kcal
たんぱく質 0.3g
脂質 0g
炭水化物 12.3g
食塩相当量 0.03g

【4種の乳酸菌からBikkle(ビックル)SODA!ソーダ】の感想/レビュー

ビックルは本当に小さい時から飲んでいた。
今の続いているのか不明だが、昔は瓶で売っていたのである。
台形というか、底になるに従ってぶっとい感じになっていく、あのふてぶてしさが子供ながらに可愛らしいと思っていた事を覚えている。

ヤクルトも好きだったが、今でも何故か不思議とビックルは私にとって特別な存在である。
実際の所は、飲み比べをすれば味の違いなんてそんなに私にはわからないのだろうが、子供の頃の記憶が今目の前にある物事の価値を引き上げるケースは多々ある。それが私にとってはビックルなのである。

そんなビックルが炭酸飲料として新登場した訳であるので、私としてはこれを手に取らない訳にはいかない。
炭酸飲料であるから、瓶で出る訳ではないが、乳酸菌飲料が炭酸で登場するというのは斬新な試みであると思うので、なんであれ、いずれは手を出していた事であろう。

味の感想としては、炭酸も悪くないな、という素朴な印象である。
まぁ、これから暑くなる事を考慮すると、べっとりと甘ったるいイメージがある乳酸菌飲料にとっては炭酸をプラスするという事は売上にも好影響を及ぼすのではないだろうかと思う。

大変美味しゅう御座いました。

【甘美なふって飲むショートケーキ】のデータ諸々

f:id:ideal_real:20180502215723p:plain

●名称/清涼飲料水
●内容量/165g
●販売者/ダイドードリンコ(株)

福岡県産あまおうエキス

【甘美なふって飲むショートケーキ】の原材料名

牛乳
砂糖
いちご果汁
全粉乳
デキストリン
粉末油脂
脱脂粉乳
ぶどう糖
寒天
卵黄
クリーム
こんにゃく粉
加糖脱脂れん乳
水飴
食塩
いちごエキス
香料
ゲル化剤(加工デンプン、増粘多糖類)
乳化剤(大豆由来)
ガゼインNa
ビタミンC
紅麹色素
甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
酸化防止剤(ビタミンE)

【甘美なふって飲むショートケーキ】の栄養成分表示(100gあたり)

エネルギー 49kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 1.1g
炭水化物 9.0g
ナトリウム 35mg

【甘美なふって飲むショートケーキ】の感想/レビュー

フルーチェの苺味という印象が、一口飲んで即座に思い浮かんだ。
二口飲んでもその印象は変わらなかった。

これは飲むフルーチェである。私はそう思う。美味しい。
フルーチェ苺味が世に存在するかどうかは定かではないが、私的にはこの商品がそれで良いのではないかと思う次第である。

この商品は最初に5回程度振らなくてはいけないらしい。そうしないと中身が固体であるから、飲む事ができない。
その辺の振る系の飲料は私にとって大好物であるから、これも好印象だった。
(振る系のゼリー飲料とかが大好きである)

そういう意味で、この商品は自動販売機の飲料においての新たなポジションを築いたと言っても良いのではないだろうか。
振る系の飲料はたくさん出ているけれども、その大半はゼリー系である。

しかし今回のはまた別の味覚である。つまりは新ジャンルである。
あえて名称を付けるならば、ヨーグルト系デザートなのだろうか?いやどうだろう、正確な表現をするのは難しいな。

まぁ、なんであれ、今回の商品は中々新鮮味のある味と食感だったと思う。
自動販売機飲料は最近色々と面白い商品がたくさんあるように思う。

【スニッカーズ アーモンド】のデータ諸々

●名称:チョコレート菓子
●内容量:1本
●原産国名:アメリカ合衆国
●輸入者:マース ジャパン リミテッド

【スニッカーズ アーモンド】の原材料

砂糖
コーンシロップ
アーモンド
脱脂粉乳
ココアバター
カカオマス
植物油脂
乳糖
乳脂肪
食塩
卵白(卵を含む)/乳化剤(大豆由来)
香料

【スニッカーズ アーモンド】の栄養成分表示

栄養成分表示1本(標準49g)あたり

エネルギー 228kcal
炭水化物 31.9g
たんぱく質 3.1g
食塩相当量 0.3g
脂質 10.1g

【スニッカーズ アーモンド】の感想/レビュー

夢の食べ物である。ありえない程に美味しい食べ物である。
だがしかし、ありえない程にカロリー直撃な食べ物でもある。食べる時は別に気にしないが、食べた後に危機感を覚える食品ナンバーワンなんじゃないだろうか。

言ってしまえば、それくらい中身がぎっしりと詰まっているのである。さながら日本の満員電車を揶揄したかのようである。んな訳ないか。

子供の頃は「虫歯になりやすい」みたいな噂がちらほら出ていたけれども、子供の時分としては、そんな事は本当にどうでも良いことであった。子供は美味しくてお腹いっぱいになれればいいのである。

逆にオトナになると、美味しさよりも健康的である事を重視するようになる。要は脳みそが回転するようになったお陰で、将来を考える能力までもが付与されてしまったせいで、美味しい物の裏を考えてしまうようになるのだ。

まぁ、無料系の商品の先には往々にして高額商品の勧誘が存在している社会情勢を鑑みると、その将来予測能力も大切な要素である事は確かなのだが、美味しい物を食べている時には、そのスイッチをオフにしたいものである。

そのくらいスニッカーズは美味しいから、その分、大人になると考えてしまうのである。
でも、まぁ美味しいからいいか。ご馳走様でした。