「ネクライトーキー/オシャレ大作戦」は、不安やら不満を明るい曲調で可愛らしく歌い上げていてダサかっこいい!


最近良い曲に恵まれている

なんか最近良い曲に恵まれる事が多い。YOUTUBEのオススメ機能が進化しているのか、私の運が向上しているのかは不明であるが、良い曲が多い。ありがたい。

で、そんな中でYOUTUBEで何となく拝聴したバンドで一回聴いただけで「カッコいい!」みたいな気分になった曲が以下。

ネクライトーキーのオシャレ大作戦である。


ネクライトーキー MV「オシャレ大作戦」


ダサかっこいいってのは私の中では褒め言葉

まぁ、動画を再生して最初に思ったのは「キーボードの音がダサい」である。つっても私は好きなのである「ダサかっこいい」という奴が。この辺の表現の仕方は難しいな、私の知っている言葉の中では「ダサい」と結果したヒットしないのだが、私の中ではこれは「カッコいい」と混ざると尋常ではない魅力を放つのである。

だからは私はこの「ダサかっこいい感じ」に非常に惹かれた。最初ですっごい引き込まれた。

声がすっごい耳に残る

で、次に印象的なのは「ボーカルの声」である。なんかこの非常に可愛らしい純粋無垢そうな少女が発する声が非常に特徴的なのである。耳のすごい残る。舌っ足らずな感じで、幼い感じ、しかしだからこそ純真さというか本音を包み隠さず主張しているような声が脳みそを占有する。


皮肉ではなく若いって純粋に素晴らしいと思う

さらに次に記憶に目覚ましいのが、歌詞とメロディである。

「眩んだ、おばけやら、もぐらやら」とかのメロディとボーカルの舌っ足らずな感じが私には阿呆っぽくてダサかっこ良くてとても大好きなのである。阿呆っぽいもダサいも失礼な気持ちは一切ない。侮辱するつもりもない。阿呆っぽいやダサさを含んだ歌は、それだけに策略や複雑さが排除されているから、ストレートに心に響くのである。だから私はそれが好きなのだ。

「お金もない、努力もしない、25を過ぎたら死ぬしかない」

「涙が出たって、大人なら誰にも見せないで終わらせないと、そうやって嘘もつく ちょっとオシャレでしょ?反吐が出るなあ」

あとこの辺の若者な感じがすごく好き。歳を重ねてしまったからこそ、こういう歌詞に胸を打たれる。この辺の歌詞が明るい曲調とボーカルのほんわかした感じに含まれて演奏されるから、心に残る。

まだ活動して1年だと

そんなこんなで立て続けに何度も動画を再生した次第である。良い曲だった。

で、YOUTUBEの説明欄を見ると、2017年に活動を始めて3枚目のDEMOシングルだと言うこと。

という訳でこれからも良い楽曲を作って貰いたいという気持ちが非常にある。たくさんある。

だからこそ、CDにを買って応援しよう!というか今の時代ならば宣伝したり投げ銭したりという色々な応援方法があるので、取り急ぎ記事を書いた次第である。BASEというサイトでCDが購入できるらしい。
なんだこれは、AMAZON以外の購入方法を知らない阿呆な私には驚天動地である。決済方法は色々とあるようで、クレジットか御三家携帯を持っていれば決済できると思う。

necrytalkie.thebase.in

という訳で買った。登録も簡単だった。すぐだった。