歯磨きは立派で綺麗な行為だが

ちゃんと歯を磨く人は立派な人だと思う。食事をした後は欠かさず歯磨きをする人、マメな人なんだと思う。

わざわざ自分で歯磨きを持参して、さらには歯磨き粉も持ってきて、懸命に歯の健康を保とうとする美的追求の姿勢には感服する限りだ。

でも、周囲の景観の綺麗さとかは気にしないんだな。廊下で歯を磨くなよ、汚い。

なんで廊下なんだよ、せめて洗面所にしろよ。あれだろ?お手洗いのスペースもどうせ歯磨きする人達で溢れてるんだろう?だから仕方なく廊下で歯を磨いているんだろう?

いや、理屈は分かるよ。でもさ、すっげぇ不快だ。お前はトイレで飯を食っている人を見たら気持ち悪いと思わないのか?然るべき場所と然るべき行為を行うから違和感がないのであり、場違いな行為を取る人間ってのは目に余るし不快なんだよ。

学校の授業中に歯を磨いている奴がいたら絶対嫌われるだろう?嫌うだろう?そういう行為をどうして平気でするのだろうか?そういう事に気づかずに嫌われてきたのだろうか?その癖、歯の綺麗さだけはどうしても守りたいのだろうか。

「御手洗いのスペースが一杯だったんだから、しょうがないだろ!」と意見を言うのだろうが、しょうがなくないだろ。待てよ。待って他の人の歯磨きが終わるのを待て。その後磨け。それでも本来、お手洗いって歯磨きする場所じゃないから邪魔だけどな。

そぐわない行為を目立ってすれば叩かれる

自分さえ綺麗なら、周りは汚くても良いって発想がすごい汚いと思う。人は見た目が9割とは言うけれども、見た目ってのは立ち振舞いや態度をも含めた見た目だと強く思った。周囲の景観にそぐわない格好を晒す人は汚いと思った。

「空気読めない」にも通じる物なのだろうか?あれを不快だと思うのは、結局の所、「曖昧ながらも皆が共有しているテーマ」って奴から著しく逸脱しているからだろう。廊下での歯磨きも、やはり本来のテーマからは逸脱している。だから不快なのである。

まぁ、それでも歯を磨かない、歯をゆすがない、汚いままってのも確かに汚い。個人を取るか、全体を取るかどっちか、って話にもなるのだろう。自分の利得を優先する人は周囲から嫌われるのは当然であるし、周囲の利得を優先する人は自分を不幸にするのである。バランスである。

世の中は何でもかんでもバランスな訳であるが、そのバランスを大きく揺るがす人は危険であるから「出る杭は打たれる」的な思考で潰されるのである。

「出る杭は打たれる」を批判する人も結構いるし、私自身が出た杭の場合は周囲の寛容さの足りなさに不満を覚えるのだが、それでも全体にマッチしない存在は何だって気になるのである。朱に交わった何かは朱くしたいと思うのが人情というものだろう。

自己中度合い

という訳で、職場の廊下で歯を磨く奴ってのは全体の綺麗には関心がなく、個人の綺麗に関心がある人って事なのだろう。自己中って奴だ。あんまり仲良くしたくない、ナルシストかもしれない。憶測が過ぎるだろうか。まぁ汚すぎる人も嫌だが。バランスを取りたがる私の心は非常に我儘である。

お手洗いスペースがいつも異常なほど混雑していて、廊下じゃないと歯が磨けない!って人の代替案は何になるのだろう?歯を磨かない代わりにガムでも噛んだらいいのではないだろうか?歯磨きガムとか売ってるし。それなら歯も綺麗になるし、口臭の予防にもなるし、周囲にも迷惑を掛けなくなるから、一石三鳥くらいの利益がある。

私個人としては是非そうして欲しい限りである。

結局は、私も私個人の願いでしか意見を発していないのである。