「個々人内での人間の定義」の多様性

「人間として終わってる」ってどういう意味なのだろう?ディオなの?吸血鬼なの?石仮面でも被ったの?

と思うが、まぁ別にそんな事はない。単純に他者を否定するための表現技法の一つだ。そしてこれは同時に自分自身をも騙すテクニックである。やはり長年使用される言葉はそれなりに有用な物がある。

人間として終わっている、という言葉には、「人間として誰もが備えていなければならない思想がある」という前提が込められている。そしてその思想を逸脱したから「終わってる」と侮辱するのである。

実際の所、人間が人間であるために絶対に所有しなければいけない思想などない。単純にその言葉を放った人間がそう思っているだけである。自分で勝手に人間としてのルールを作り上げて、それを勝手に相手にも押し付けて、破ったから「人間として終わっている」という言葉で他者を攻撃する。それが発言者の思考回路であろう。

実際問題、その人が「終わってる」かどうかは置いておいても、その人同士の人間関係はそんな発想をした時点で終わっているように思える。

コミュニケーションもなしに害悪判定とは如何なものか

私個人としては「人間として終わってる」という言葉そのものの是非を評価する事はできない。意見というのは一文だけで表現する事は非常に難しく、文章レベルの量を持っていないと誤解が多々生じる物だと言う事を知っているからだ。(無論、どれほど大量の文章を提示した所で、自分の全てを理解してもらえるとは思わないが)

「人間として終わってる」という言葉だけを相手に突き刺して去っていくような人は、私は好まない。自分だけのルールを勝手に自己の脳内だけに構築しておいて、それで相手を裁き、劣悪な評価のみを相手にぶつけて逃げるような行為はコミュニケーションとは呼ばない。幼稚で我儘な暴力である。

少なくても、「どういう人間が終わっている人間なのか?」みたいな概念は自分の中で具体的な内容として保持しておくべきだし、それを相手に事前に共有しておく事が望ましい。犯罪行為でもない行動に対して非難するに当たっては、そのくらいの事前行動くらいは当然するべきだと思う。非常に面倒な作業だと感じる方もいると思うが、コミュニケーションとは、とにかく面倒な物なのである。仕方がない。

要は、禄にコミュニケーションができない人が偉そうな事を言うのが腹立たしいと私は思っているのだろう。子供が大人ぶって偉そうな事を言うのが気に食わないのだ。大人になりきれていない成人男性が、偉そうな事を言うのがムカつくのである。それだけである。

せめて知った上で嫌い合いたい

どんなに事前にコミュニケーションを取った所で「人間として終わってる」人は存在するだろう。そしてその定義は人によって違うし、誰もが事前にそのコミュニケーションを取るとは限らないので、勝手に「人間として終わってる」判定をされている場合だってあるだろう。

まぁ、そんな物なのである、人間関係ってものは。

だが、それでも意見を交換した上で、納得した上で嫌い合いたいと思うのが私の密かな願望である。

偉い人とは「利益を与えてくれる人」である

みんな、偉いの意味を履き違えているように思う。

その人に対しての生殺与奪の権利みたいなのを握っている人がその人にとって偉いだけであり、他のまるで関係ない人からすれば全然偉くも何とのないからね。

つまりは「私は何々という賞を受賞した事があり、こういう地位に就いている!」みたいな主張をした所で、今会話している人に対しての利益が一切発生し得ないのならば、その人はまるで偉くないのである。そこんところを勘違いしないで欲しい。

偉いという関係性は「この人に媚びへつらう事によって私は利益を得る事ができるんだな!」もしくは「この人に媚びる事でしか私は生きていけないのだな」と相手が認識して、そのように行動している関係性の事を言う。それ以外はない。

だから、「私は高学歴です!」とか「私は高年収です!」とか「私は権力者です!」とか、そういう主張をしてマウントを取ろうとする人に対して問答無用で敬服する奴は非常に勿体無い事をしているのである。

偉い人というのは人によって違う。そして偉い人の条件は「何らかの利益を与えてくれる人」である。利益を与えてくれそうな人は大概の場合ハイステータスだから「ハイステータス=偉い」という図式が出来上がっているのだろうが、それは解釈の幅が広がり過ぎている。誤魔化されているのだ。

私にとって何ら利益をもたらさない人間に頭を下げて何になるというのだ?それをもう一度考えてみて欲しい。自分に利益を与えてくれる人に唾を吐き、自分を貶めてくる人間を敬服して成り上がれる人間なんている訳がない。

欲しい物をその人は与えてくれるのか

だから、「ハイステータス=偉い」という図式は今日の内に、今この瞬間に永遠にデリートするのが宜しいと思う。この浅はかな思考は「足が速い男の子が一番格好良いからモテる!」という小学生理論で一生恋愛闘争を続けていくような愚行である。もしくは「周囲から目立つ女の子が一番可愛いからモテる!」という虚構で一生幸せを思い求めるような無為な行為である。

何が欲しいのかを、しっかりと考えればわかるはずだ。

権力が欲しい。そんな願いを否定する訳もない。だが、権力者の中にも「権力を与えてくれる権力者」と「権力を行使して悪行を行う権力者」がいる事くらい、幼児向けの作品にだってありふれているのだ。権力者だからと言って、愚直に素晴らしい物だと信じないで欲しい。それはひたむきではなく本当の愚かだ。

物凄く簡素で当然の事を言う。自分を幸せにしてくれる人が自分を幸せにしてくれるのである。その人を探し出す能力を持つ人間が幸せになれるのである。