空白期間が何年まで許されるかは、その時に何をやっていたかによって変わる


転職の空白期間に普遍的な正解はない

退職をする前に、どのくらいの空白期間までなら許されるかを気にする人は多い。できることならば、長い間、休暇を取ってどこか遠くの所に旅行に行ったり、気ままで自由な生活を満喫したいと考える人はやはり多いからだろう。

しかしながら、あまりにもたくさん休み過ぎて、次の転職活動に悪影響をもたらしてしまったら食い扶持がなくなってしまい大変な目に遭う可能性もあるから調子に乗ることも難しい。だから、人はどのくらいの空白期間までなら許されるかを気にするのだろう。

模範的な回答としては、半年~一年くらいなんて感じなのだろうが、何の根拠があるの?って考えると「面接官の印象の問題」ってのが大きな理由だそうだ。

正直言って、曖昧で適当な回答だなぁと思う。模範的な回答というよりは無難で責任逃れな回答としか言いようがないだろう。現実を見渡せば、退職してすぐに転職活動をしても全然職が決まらない人もいるだろうし、三年間くらいの空白期間があっても即採用される人だっているだろう。

要は、空白期間が何年まで許されるかなんて物に、一定の答えはないのである。


その人の価値と企業のニーズにマッチするか

では、何によって空白期間がどのくらいの間、許されるのか決まるのか?

それはその人の価値次第である。しかし価値というのは対する人間によって変化するので、その人、もしくはその企業にマッチするかどうかだけである。

企業が手から喉が出るほどに欲しい人材であれば、例え三年くらいの空白期間があっても許されるだろう。逆に何のスキルも持たない人間が手に職を求める企業に応募した所で採用されることはまずないだろう。

非常に簡単な話である。あなたに需要があるかどうか。それだけである。一般的に何年までなら許されるか?なんて考えはそもそもおかしい。問うならば、「私の価値は数年後も高いだろうか?」という事である。誰もが天才だと認める人間ならば、誰もが欲しがるだろう。1の投資で10のリターンが絶対にあると分かるならば、投資したいと思うのは当然だろう。その投資価値をアピールできれば、あとはさほど重要ではない。

空白期間に何をしていたかによって決まる。という意見もあるが、それだって「この人は十分な労働力になり得るか」を判断するための条件になっているだけである。面接官は、ただひたすらにその人の価値を見極めているだけである。

退職と転職と空白期間が不安なら

能力を高める努力をしよう。価値を向上させる工夫をしよう。印象を良く見せる技術を学ぼう。それらの行為が空白期間への不安を満遍なく埋め尽くしてくれるはずだ。

世の中には意味のない無駄な質問というものがある。空白期間についての漠然として質問がその一例である。将来その物の価値がどうなっているか?を考えるのが大事である。足りないなら何をどうやって埋めるかを考えれば良いだけである。

そこを突き詰めて変化、成長ができるならば不安に思うことは何もない。分からない事柄が多いから不安になるのである。

不安に思う事で大量の時間を消費する人間は成功しない。不安に思う暇もなく自己研鑽を続ける人間は成功する。

少量の不安は転ばぬ先の杖になるが、大量の不安は足枷にしかならない。

不安に感じたら、それを払拭する努力をしよう。