夢という呪縛から逃れるために「やりたいことを無理に仕事にする必要はない理由」を考えるべきだ

やりたかった事を辞めたくなった

やりたくて仕方がなかった事が辞めたくて辞めたくてどうしようもなく辛い気分になっている。

そんな経験をした人は少なからずいるのではないだろうか?

有能であるが故に仕事が大量に集中してしまう人
大きな投資を行ってしまったが故に金銭的に辞めるのが不可能な人
売れてしまったが故に同じ作品を続けなければいけない人
それ以外の食い扶持が見つからず、昔のヒットソングだけで食べていく人

内発的か外発的かはケースによって異なるけれども、夢にまで思い描いた行為を実現できているのに砂を噛むような思いで日々を過ごしている人がいる。

その人が思い描いた物は行動やイメージであるが、実際に追い求めていたのは精神状態という心理的な要素だったのかもしれない。

溌剌としている自分、挑戦している姿、熱狂できる行為。そんなものに実際は憧れていたのではないだろうか?


「世の中お金だけじゃない」は間違いじゃない

そういう意味では確かに「金銭とか名誉というものだけがあれば良いという訳ではない」という成功者達の意見には傾聴する価値があると思う。人は金がなくては幸福にはなれないが、金だけでは物足りないのである。全く贅沢な生き物である、人間というのは。

そんなこんなを考えると「行為」に価値を向けるのならば、小さいスケールでいつでも簡単に辞められる状態でスタートするのが賢明なのだろうな、と思う。逆に大きい事をする場合には、その目的は金銭や名誉や芸術や啓蒙であるべきなのだろう。

金銭はスケールが大きくなければ大金を稼げないし、名誉はたくさんの人に認められるからこその名誉だし、少数のみ情報を伝達した所でそれは後世まで伝わらないだろう。

一人で満足できることを仕事にするな

全力で走るとか好きな歌を歌うとか綺麗な絵を書くなんてことは、一人で勝手にできる事なのである。
だから歌うのが好きだからそれを仕事にするってのはちょっと筋が違うと感じる。ただ歌が好きなのであれば休日にカラオケボックスにでも入り浸っていれば良い。歌手気分という名誉に近い気分を味わいたいのならば、友達に優しくしてお金をそこそこ溜めてライブハウスで演奏すれば実現できることだ。別にオーディションを受けてまで歌手になる必要はない。

つまりは、「やりたいことをそのまま仕事にする」って発想はどこかちょっとズレていて、何かがちょっと欠けているのである。

仕事で欲しいものは金か名誉ではないのか?
やりたいことで得られるのは精神的な充足感ではないのか?
やりたいことが半強制の労働になった時にその精神的な充足感は訪れるのか?
やりたいことを仕事にするよりも効率的に金や名誉を稼げる労働はあるのではないか?

やりたい事が義務になり、目的が金になり、苦痛になるような悲惨はあまり体験するべきではない。
何事も棲み分けは大事である。適度な分量というものがある。だからやりたい事を無理に仕事にする必要はないのだ。どうせ「それ以外の事は何もできない選ばれた天才」が出現して解決してくれる。

なので、やりたい事を無理に仕事にする必要はなく、そんなことをするくらいならば社会貢献になって儲かる職業にでも就いて休日にやりたい事を存分に楽しめば良いのである。