他人に頼り過ぎている。将来の自分に頼るために一旦保留にして未来の自分にメールでも出そうか。

依存過多

他人に頼り過ぎだなぁと思った。
頼れる人が存在してしまうと、困った時のレベルが低くても、つい頼ってしまうのである。

これはいけない。とてもいけない。

相談や議題に出す機会は近い未来にあるのに、頭に浮かぶとすぐさま聞きに行ってしまうのは問題ある。

頼れる人間が頼らせてくれるというのは有り難いことではあるが、同時に由々しき事態でもある。
物事が滞るピンチは減るけれど、自己解決能力が低下するのを感じる。


自分に依存しろ

気持ちでは分かっているのである。ならば解決せねばなるまい。

どうするか?困った事があった場合は、メモにして自分自身にメールでも出そうか。
メールならば必ずチェックするからだ。

自分が自分に対して出したメールについては、特定のフォルダに格納されるようにして、調子が良い時に少しずつ解決すれば良いのではないか?

時間的に余裕がなくて自分ではどうしても解決できないのならば、それは仕方がないとしても、時間に余裕がある時はそうしよう。

少しずつでいいから自立しよう。頼るにしても将来の自分に頼るように、今の自分を鍛えていこう。